[詳細]キーワード検索HOME
 目次 著者紹介関連図書書評目録へ戻る(定価ほか)


ドラム・マジック[詳細]


伝説のカルトバンド「グレイトフル・デッド」のドラマーにしてリズムの求道者、
現代のシャーマン、ミッキーハート
太古の洞窟からアフリカの砂漠へ、文献の大海を泳ぎ感覚の〈エッジ〉に戯れる。
彼の農場「バーン」に集うフリークスたち、大学にグッバイしたエスノ野郎、
そして大神話学者J・キャンベルとの出会い。
ドラムの歴史からシャーマンのミステリアスなテクニック、縦横無尽に踊り狂うブゥードゥーの怪人…
ミッキーがカウンターカルチャーの論客J・スティーヴンスと巡るビートの惑星旅行。

怖がることはない。信じてもいい。時代はすでに臨界点。
太鼓のうねりに身をまかせ僕らも一緒に「未来」を探す冒険に旅立とう!


■目次より

プロローグ
1 ドラムの叫び声
  物語の発端。〈ダマル〉太鼓のマジカルパワーがある晩、僕を冒険に連れ出した

2 パーカションの庭
  ブレイズの『パーカッション楽器とその歴史』を読み、コッポラの「年表」のアイデアを盗むこと

3 天空の穴
  恩師キャンベル先生と出会い、僕はドラム・マジックの解明に乗り出すことにした

4 基礎式ドラマーの肖像
  姿を消した基礎式ドラム世界チャンピオンの父とハイスクールの〈ジョーンジー帝国〉の思い出

5 移りゆくドラム
  BC1500年洞窟絵画/小アジアの遺跡にドラムの痕跡/
  バッカス神とドラムの関係/十字軍とイスラム軍のドラム争奪戦

6 冷戦の兵士、そしてドラマー
  軍隊の鬼コーチ、ポゴが僕の体に柔道のリズムを叩き込み、除隊後、父と再会を果たすまで

7 民族音楽屋に囲まれて
  スタンフォード大学〈カルマ研究所〉で僕が出会ったエスノ学者の不可思議な生態

8 大いなる時計
  ブラッキング教授の「殺し文句」とキャンベル先生の導きではじめてシャーマニズムを知る

9 ノイズの縁のドラマー
  リズムの実験室〈グレイトフル・デッド〉での試行錯誤の毎日と父との悲劇的別れのこと

10 シャーマンのドラム:もう一つの世界へのカギ
  そして僕は世界のシャーマンの話を読み解き、ドラムの意識変容のテクニックに気づく

11 マジックの縁のドラマー
  相棒ビルとのさまざまな音楽的実験の果てドラムマスター、ハムザ・エル・ディーンと
  アフリカに旅立つ

12 目に見えざるカウンタープレイヤーたち
  地母神の大陸アフリカと結ばれたアメリカの謎、そして僕の音楽的ルーツを辿る旅の物語

13 ドラムで結ばれた兄弟たち
  「地獄の黙示録」セッションで僕をオラトゥンジ、アイアートと引き合わせた
  ドラムのコミュニケーションパワー

14 ドラムを作る
  悪ガキたちとのサマーキャンプ、僕たちは牛の皮を剥いでドラムを作った。
  そしてフェスティバルのクライマックス、ついに〈世界樹〉と対面する

エピローグ




■著者紹介:ミッキー・ハート Mickey Hart

1943年、ニューヨーク・ブルックリンの親子三代のドラム一家に生まれる。生後まもなく両親は離婚、母とコッド岬に移る。ドラムづけの青春を過ごし、ハイスクール時代にはニューヨーク州チャンピオンとなる。卒業後、空軍に入隊して軍楽隊に所属。除隊後、捜し当てた父とサンフランシスコで楽器店を共同経営する。偶然まだローカルバンドだった「グレイトフル・デッド」のギグを体験、感動以上の衝撃を受け、二人目のドラマーとして参加した。バンドのマネージャーを買って出た父レニーの横領事件で、しばしバンドを離れたが、3年後に復帰。以来長年にわたりアメリカンロックのカリスマ、ドラムのゴッドファーザーとして活躍中。A・モライラ、B・オラトゥンジ、Z・ハッサンなど世界的パーカッション奏者、映画監督G・ルーカス、F・コッポラなど支持者は多い。音楽活動のほか、熱帯雨林保護活動などでも知られる。


■関連書籍

音楽の霊性 ニューエイジ・ミュージックの彼方へ P・バスティアン 2500円
イルカの夢時間 異種間セッションへの招待 J・ノルマン 1900円
サイケデリック・ドラッグ  向精神物質の科学と文化 L・グリンスプーンほか 5000円
非常の知 ハイゼンベルク、ベイトソンらとの対話 F・カプラ 2200円
大ザッパ論 20世紀鬼才音楽家の全体像 大山甲日  5000円
大ザッパ論2 鬼才音楽家の足跡1967-1974 大山甲日 5500円
めかくしジュークボックス 32人の音楽家たちへのリスニング・テスト ザ・ワイアー=編  2900円  
星界の音楽 神話からアヴァンギャルドまで―音楽の霊的次元 J.ゴドウィン 3200円
音楽のエゾテリスム フランス[1750-1950]秘教的音楽の系譜 J.ゴドウィン 3800円



■書評

室矢憲治氏(『BRUTUS』1995年1月15日)
「かのアメリカン・ロックバンド、グレイトフル・デッドのドラマー、ミッキー・ハートが、神話学者ジョゼフ・キャンベルに励まされ、人類の発生とともに現れた太鼓という楽器について、古今の伝承、歴史、自己史とともに思いっ切り言葉でビートした『ドラム・マジック』という本には、飛ばされた。複雑になりすぎた文明生活の中で、生命のパルスを回復し、遠く失われた宇宙、あるいは神との合一感を取り戻すにはビートイット!(エジプト、インド、南米のパーカッショニストたちと作った『プラネット・ドラムス』Ryco なる CD をBGMにして読むと、さらにベターだ)」

桐島ノエル(インタビュー『ダイヤモンド・タイプ』1995年2月28日)
 「ライブに行くと「ドラムの音にのるタイプ」というノエルさんのお気に入りの一冊は『ドラム・マジック』。60年代から今も現役で活躍しているアメリカの伝説的なヒッピーバンドである「グレイトフル・デッド」のドラムス、ミッキー・ハート氏が書いたものだ。彼が南米やアフリカなど、世界中のドラマーやパーカッショニストを「巡礼」した記録。
 「この本を彼のCD『Planet Drum』を聞きながら読むと最高ですよ。マニュアル本ばかりじゃなく、こういうちょっと違ったジャンルの本を読んでみてほしいな」」



注文
目録ヘ戻るこの頁のはじめに戻る