工作舎ロゴ 書籍解説

HOME > 書籍 > ジャンル一覧新刊一覧 > 奇蹟の医の糧/基本データ




奇蹟の医の糧[詳細]

目次著者紹介関連図書書評


ミクロコスモス【人間】とマクロコスモス【宇宙】の調和

文献に医学の真理があると信じて患者を診ようとしない医者
金持ちに親切な反面、貧乏人には目もくれない医者
既得権益を守るのに汲々としている医者・・・・・。
現代にも通じる「とんでもない医師たち」に鉄槌をくだし、
本来あるべき医術の四本柱を提唱する。

ミクロコスモス(人間)とマクロコスモス(宇宙)が響き合う世界の実現にむけて、
代替医療から統合医療への道は、つとに拓かれていた。




■目次より

読者のみなさんへ 21世紀医療を予告するパラケルスス

序文

第一巻 医学第一の基礎:哲学

 第一章 哲学と自然
 第二章 哲学と思弁
 第三章 天と地
 第四章 偽りの哲学
 第五章 真なる哲学

第二巻 医学第二の基礎:天文学

 第一章 アナトミーとカオス
 第二章 天体と人体
 第三章 天と医術
 第四章 天と病気

第三巻 医学第三の基礎:錬金術

 第一章 天と錬金術
 第二章 アルカナについて
 第三章 熟成の作用について
 第四章 病気とアルカナ
 第五章 結び

第四巻 医学第四の基礎:医師倫理

 第一章 医師のあるべき姿
 第二章 医師と神
 第三章 医師と医術
 第四章 結び

注釈

付:パラケルススの生涯 後世に残した数々のメッセージから
解説
 1 『奇蹟の医の糧』執筆の経緯について
 2 「パラ三部作」について
 3 本書の内容の概観
 4 六つのキーワード



■著者紹介:パラケルスス
Paracelsus(Aureolus Philippus Theophrastus Bombastus von Hohenheim)

1493年、スイスのアイジーデルンに生まれ、1515年にイタリアのフェラーラ大学医学部を卒業。激動するルネサンス・ヨーロッパを遍歴し、各地の伝統医療やさまざまな患者の症例に接しながら医師としての経験を重ね、1527年、スイスのバーゼル大学の医学教授に就任。しかし、権威主義に安住する同時代の医学界を痛烈に批判したために追放されて、ふたたび放浪の身となり、1541年ザルツブルクにて客死。近世医学の革命的開祖。本書と『奇蹟の医書(ボルーメン・パラミールム)』『奇蹟の医術(オプス・パラミールム)』合わせたパラ三部作で医学思想を体系的に展開する。

癒しの錬金術
パラケルススは、それまでの黄金をつくることが中心になりがちな錬金術を転化して、悪の時代を象徴するようなペスト・梅毒・難治性皮膚病その他の難病に立ち向かい、「錬金術とは人々を病気から救う医薬をつくることである」と考え、まさに近代ヒューマニズム・近代医化学の旗手としての活動を始めた…(付「パラケルススの生涯」より)



■関連図書(表示価格は税別)

【パラケルススとその時代】
  • 奇蹟の医書  五つの病因について  パラケルスス 3800円
  • パラケルスス 自然の光  J・ヤコビ編 人文書院 3500円
  • パラケルスス 自然と啓示  柴田健策+榎木真吉 みすず書房 1700円
  • パラケルスス論  C.G.ユング みすず書房 2500円
  • パラケルススの世界  種村季弘 青土社 1900円
  • パラケルススとその周辺  神秘学叢書  アレクサンドル・コイレ 水声社 3000円
  • パラケルススからニュ−トンへ  魔術と科学のはざま  C.ウェブスタ−/金子務訳 平凡社選書 2500円
  • 人物化学史  パラケルススからポーリングまで  島尾永康 朝倉書店 3900円
  • 聖ヒルデガルトの医学と自然学  ヒルデガルト・フォン・ビンゲン/井村宏治訳 ビイングネットプレス 6000円
  • ビンゲンのヒルデガルトの世界  種村季弘 青土社 2800円
  • ノストラダムスとルネサンス Les fruits de I'esprit  樺山紘一+村上陽一郎+高田勇 岩波書店 2900円
    【パラケルススが与えた後世への影響】
  • モルフォロギア(7) 特集「パラケルススとゲーテ」  ゲーテと自然科学の集い ナカニシヤ出版
  • ユング錬金術と無意識の心理学  C.G.ユング 講談社プラスアルファ新書 880円
  • 超図説 目からウロコのユング心理学入門  マギ・ハイド 講談社sophia books 1900円
  • ユング思想と錬金術  錬金術における能動的想像  マリー・ルイゼ・フォン・フランツ 人文書院 2800円
  • 科学-技術の未来  ゲ−テ・自然・宇宙  ハイゼンベルク 人文書院 2000円
    【ホリスティック医学/代替医療】
  • シュタイナ−医学原論  L.F.Cメース 平凡社 4800円
  • ホメオパシー大百科事典  A.ロッキー/大槻真一郎監訳 産調出版 7800円
  • チベット医学入門  ヒーリング・ライブラリー  トム・ダマー 春秋社 3000円
  • Dr.バッチのフラワ−療法 Natural healthシリーズ  ジェレミー・ハーウッド 産調出版 980円
  • 中国漢方で治る  「もうひとつの現代医学」が克服する難病・成人病  呂〓/田中誠紘 原書房 1400円
  • 入門漢方医学  日本東洋医学会 南江堂 3800円
  • ハ−ブ・スパイス・漢方薬――シルクロ−ドくすり往来  本多義昭 丸善 1200円
  • 自分を守る患者学  なぜいま「統合医療」なのか  渥美和彦 PHP新書 660円
  • 統合医療への道  21世紀の医療のすがた  渥美和彦+上野圭一  春秋社 1900円
  • 補完代替医療入門  上野圭一 岩波アクティブ新書 700円
  • ワイル博士のナチュラル・メディスン  アンドリュー・ワイル/上野圭一訳 春秋社 3107円
  • 整体入門  野口晴哉 ちくま文庫 600円
    【ミクロコスモスとマクロコスモスの調和……工作舎の関連図書
  • 薔薇十字の覚醒  隠されたヨーロッパの精神史 F・イエイツ 3800円
  • ルネサンスのエロスと魔術  想像界の光芒 ヨアン・P・クリアーノ M・エリアーデ=序文 4800円
  • 星界の音楽  音楽の霊的次元  J・ゴドウィン 3200円
  • 感覚の力  野生にひらかれた感覚  C・クラッセン 2200円
  • 匂いの魔力  治癒する力・差別する力  A・ル・ゲレ 2200円
  • ニュートンと魔術師たち  科学史の虚像と実像  P・チュイリエ 1900円
  • 色彩論 完訳版  色彩現象を包括的に研究した金字塔  ゲーテ 25000円
  • バロックの神秘  タイナッハの教示画の世界像  E・ハルニッシュフェガー 8000円



  • ■書評

    aromatopia 69 (2005.2月刊行) 書評
    …ホリスティックメディスン(全人的医療)を提唱し、実践してきたパラケルスス医学の独特の自然観や宇宙観医療構想は、民間療法や代替医療を築いたともいえる。21世紀の医療や健康観を見直す上で、多くの示唆が含まれている一冊である。

    2005.2.19号 図書新聞 平井浩氏書評
    真の医学とは何であるのか
    …権威的な大学医学を手厳しく批判し、真の医学とは何であるのか、医師とはどうあるべきなのか、医師とは何を学ぶべきなのかを熱く語るマニフェストである。それは、パラケルスス医学の根幹となる宇宙・自然観を凝縮させた結晶であるとも言える。全文再録 >>>

    2005.1.16 朝日新聞 池上俊一氏書評
    …独特な自然観・宇宙観に裏打ちされたパラケルススの医術は、民間療法・代替医学の祖として現在注目されている。新薬開発、薬剤大量投与、手術至上主義の西洋正統医学への年経てなお新しい一喝だ。 全文再録 >>>

    2004.12.26 金子 務氏 東京新聞書評
    2004年私の3冊に
    ルネサンス医学を革新したパラケルススの主著『パラグラーヌム』の全訳で、解説がとてもよい。四つの観点から宇宙と人間の調和を求める統合医療を提唱、終章の医師倫理は混迷する医療関係者必読。

    2004.12.10号 週刊読書人 金森 修氏書評
    パラケルススとその時代〜引き裂かれた布置をそのまま味わう
    託宣を無批判に口真似するのでもなく、過度の合理化をするのでもない、両方から距離を取った第三の視座を設定すること。それこそが、パラケルススとその時代の、膨大でまだほぼ未踏の領野に赴くための、最高の心がけなのだ。この本を通読することは、その知的な冒険に自分がどの程度耐えられるかを試す、良い機会になる。 全文再録 >>>




    ALL RIGHTS RESERVED. © 工作舎 kousakusha