工作舎ロゴ 書籍解説


ライプニッツ著作集 第II期(全3巻)[概要]
『モナドロジー』300周年の新展開

酒井 潔+佐々木能章=監修


『ライプニッツ著作集 第II期 第3巻』リーフレット表

『ライプニッツ著作集 第II期 第3巻』新リーフレット
クリックするとpdfに移動します

『ライプニッツ著作集 全10巻』の続編として第II期全3巻を刊行します。



第1巻『哲学書簡』知の綺羅星たちとの交歓

電話もeメールもない時代に1300人もの哲学者・数学者・神学者、さらには政治家や貴婦人たちと手紙を交わしていたゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツ(1646-1716)。その書簡を精選し、バロックの哲人の思想形成プロセスを甦らせる。

A5判上製/本体 本体8000円+税/2015年5月刊行/ISBN978-4-87502-463-7
書影、詳細等はこちら。
■目次より

【第1部】学者の共和国[レスプブリカ・リテラリア]

1 ヤコプ・トマジウスとの往復書簡  山内志朗+増山浩人=訳・解説
2 ホッブズ宛書簡[全]  伊豆藏好美=訳・解説
3 スピノザとの往復書簡とスピノザ注解  上野 修+町田 一+朝倉友海=訳・解説
4 初期アルノー宛書簡[全]  根無一信=訳・解説
5 マルブランシュとの往復書簡[全] 清水高志+梅野宏樹=訳・解説
6 ベールとの往復書簡[全]  谷川多佳子+池田真治+谷川雅子=訳・解説
第1部 解説  酒井 潔

【第2部】サロン文化圏  大西光弘+橋本由美子+山田弘明=訳・コラム

1 ハノーファー選帝侯妃ゾフィーとの交流
2 ゾフィー・シャルロッテ宛書簡
3 マサム夫人との往復書簡
第2部 解説  佐々木能章

第1巻 解説  酒井 潔「ライプニッツ哲学書簡の醍醐味」


2016.10.7刊行

第2巻『法学・神学・歴史学』共通善を求めて

A5判上製/本体 本体8000円+税/ISBN978-4-87502-477-4
■目次より

【第1部】法学

1 法学を学習し教授する新方法  酒井 潔+長綱啓典+町田 一=訳・コラム・解説
2 自然法の諸要素  川添美央子=訳・解説
3 王子の教育についての書簡  津崎良典=訳・解説
4 普遍学への序言。ユートピア的な島について  長綱啓典=訳・解説
5 善意に満ちた聡明な人々に宛てた覚書  津崎良典=訳・解説
6 正義の共通概念についての省察  佐々木能章=訳・解説
7 サン・ピエール師の恒久平和計画にかんする所見  長綱啓典=訳・解説

【第2部】神学

1 哲学者の告白  清水洋貴+長綱啓典=訳・解説
2 宗教の平和について  町田 一=訳・解説
3 ボシュエとの往復書簡  福島清紀=訳・コラム・解説
4 ウィーン講演──聖なる哲学の創始者としてのギリシア人について  枝村祥平=訳・解説

【第3部】歴史学

1 ヨハン・アンドレアス・ボーゼ宛書簡  枝村祥平=訳・解説
2 新アプローチ──諸学問の完成と人間の幸福のための歴史学  今野諒子=訳・解説
3 『国際法史料集成』序文  酒井潔=訳・解説
4 歴史学の対象、歴史、方法について  枝村祥平=訳・解説

【総解説】ライプニッツの法学、神学、歴史学  酒井 潔


2018年6月刊行

第3巻『技術・医学・社会システム』豊饒な社会の実現にむけて

A5判上製/本体 本体9000円+税/ISBN978-4-87502-494-1
■目次より

【第1部】技術

1 奇想百科 新趣向博覧会開催案  佐々木能章=訳・解説
2 時計論  稲岡大志=訳・解説
3 ハルツ鉱山開発  大西光弘=訳・解説
4 計算機の発明  稲岡大志=訳・解説
5 パパンとの往復書簡  池田真治=訳・解説
6 ゲーム覚書  稲岡大志=訳・解説

【第2部】医学

1 医事に関する諸指示  長綱啓典=訳・解説
2 保険官庁設立の提言  長綱啓典=訳・解説
3 ペスト対策の提言  長綱啓典=訳・解説
4 シュタール医学への反論  松田 毅=訳・解説

【第3部】社会システム

1 諸々の技芸と学の興隆のための協会をドイツに設立する提案の概要  酒井 潔=訳・解説
2 協会と経済  中山純一=訳・解説
3 省察の使用について 津崎良典=訳・解説
4 知性と言語をさらに鍛錬するようドイツ人に勧告する文書  高田博行=訳・解説
5 公営保険  佐々木能章=訳・解説
6 終身年金論  佐々木能章=訳・解説
7 人の寿命と人口に関する新推論  林 知宏=訳・解説
8 図書館改革案  山根雄一郎=訳・解説
9 図書館計画  上野ふき=訳・解説
10 ドイツ愛好会設立案  藤井良彦=訳・解説
11 諸学と諸技芸の協会を設立する構想  酒井 潔=訳・解説

【総解説】《実践を伴う理論》の真骨頂  佐々木能章


『ライプニッツ著作集』は1988年から刊行を開始し、10年余の歳月をかけて完結。世界初の本格的著作集として、日本翻訳出版文化賞など、高い評価をいただきました。

その後、多くのライプニッツ研究者が育ち、2009年には「日本ライプニッツ協会」が設立、同会の会報誌『ライプニッツ研究』も3号を数えています。このたび刊行する第II期は、日本ライプニッツ協会会長である酒井潔先生、設立発起人の佐々木能章先生が監修を務め、日本ライプニッツ協会の全面的な協力の下、原典に忠実な翻訳作業を進行しています。

第3巻刊行・完結のリーフレットを作成しました。オーダーフォームから『ライプニッツ著作集 第II期3巻』リーフレット希望と明記してお申し込みください。無料送付いたします。

『ライプニッツ著作集 第II期[1]』リーフレット表 『ライプニッツ著作集 第II期[2]』リーフレット表
左より「第1巻」、「第2巻」販促用リーフレット。こちらも多少在庫がありますので、ご希望の方にお分けします。

担当編集者・十川治江による「ライプニッツ通信II」を月1回(月末更新)連載中。編集のこぼれ話を綴ります。ぜひお読みください。





ALL RIGHTS RESERVED. © 工作舎 kousakusha