工作舎ロゴ [今週の1枚]


6月の新刊『人形浄瑠璃文楽 外題づくし』発売


『人形浄瑠璃文楽 外題づくし』


6月の新刊、『人形浄瑠璃文楽 外題[げだい]づくし』が2017年6月7日発売になります。大手書店では並びはじめたところです。

「勘亭流文字の美しさは比類なく、今の時代を生きている」と、ドナルド・キーン氏に絶賛された文楽勘亭流。 本書はその第一人者・北浦皓弌(こういち)の書き下ろし外題(演目)をまとめた文楽資料です。

表紙は茶色の箔を押したタイトルを中心に、右端に菅原伝授手習鑑[すがわらでんじゅてならいかがみ]、左に伊賀越道中双六[いがごえどうちゅうすごろく]と空押しした勘亭流文字を配しています。OKフロートという特殊な紙を用いたことで、空押し部分は本表紙のグレーが透けるデザインとなっています。

ページを開くと、第1部に全152もの外題を網羅した「人形浄瑠璃文楽 外題・段名一覧」、第2部には平成11年7月公演〜平成26年5月公演までの「一枚番付一覧」 、第3部には文楽研究家・高木浩志(ひろゆき)による番付の構造をめぐる論考や北浦皓弌インタビュー等で構成されています。写真をご覧ください。


第1部 人形浄瑠璃文楽 外題・段名一覧より
第1部 人形浄瑠璃文楽 外題・段名一覧より

第2部 一枚番付一覧より
第2部 一枚番付一覧より

第3部 高木浩志「番付逍遥」より
第3部 高木浩志「番付逍遥」より

*チラシも作成しました。ご希望の方に無料で送付します。オーダーフォームでお申し込みください。
『人形浄瑠璃文楽 外題づくし』チラシ
クリックするとpdfに移動します




ALL RIGHTS RESERVED. © 工作舎 kousakusha