工作舎ロゴ [今週の1枚]


『Ibasyo』朝日新聞・ニューズウィーク
・神戸Mirage Gallery


『Ibasyo』朝日新聞記事
朝日新聞記事 クリックすると朝日新聞デジタルに移動します

2018年4月11日、朝日新聞生活面で、写真家の岡原功祐さんによる「Ibasyoプロジェクト」が大きく紹介されました。
自傷行為を繰り返す女性たちの日常を撮影した岡原さんは、『Ibasyo 自傷する少女たち“存在の証明”』刊行前に、手製本の写真集をつくりました。写真集の後半は白紙で、被写体となった女性へのメッセージを書き込み、次の人へ。3年間で30カ国を旅し約200人からメッセージが寄せられました。
今年3月に『Ibasyo』が刊行されてからは、本書と手製写真集を取材先に手渡し、プロジェクトの最終局面を迎えたことまでが記事にされています。


■ニューズウィーク記事

『Ibasyo』ニューズウィーク2018年4月24日号
ニューズウィーク記事 クリックするとニューズウィーク公式サイトに移動します

4月17日発売のニューズウィーク2018年4月24日号では、「自傷する彼女たちが求める居場所」と題して6ページにわたり、『Ibasyo』からの写真が紹介されています。 「…写真で自らの姿を客観的に見ることにより、自分は何ものにも代え難い大切な存在だと理解してほしいと岡原は考えている。…」


■神戸Mirage Gallery

4月21日(土)には、神戸のMirage Galleryにて、『Ibasyo』出版記念トークショー+ブックサイン会が開催されます。同日から5月6日まで、撮影から14年に渡る少女たちとの歩み、世界中を旅した手製の貸本プロジェクトを経て、出版に至るプロセスを提示した展覧会も開催します。

[岡原功祐「Ibasyo」出版記念トークショー+ブックサイン会]
会場:Mirage Gallery
 神戸市中央区北長狭通3丁目9-10 青柳ビル303号室
日時:2018年4月21日(土)午後6時より
参加費:1000円 / 事前申し込み不要
お問い合せ:078-335-6510 Mirage Gallery




ALL RIGHTS RESERVED. © 工作舎 kousakusha