工作舎ロゴ 書籍解説

HOME > 書籍 > ジャンル一覧新刊一覧

最後に残るのは本
ISBN978-4-87502-529-0

最後に残るのは本 


工作舎=編


定価 本体2500円+税
四六判変型/上製 244頁(カラー8頁含む) 2021.6 [2021.6.18刊行]

小松和彦、養老孟司、池澤夏樹、鶴岡真弓、松浦寿輝など総勢67人の書物をめぐるエッセイ集。工作舎の本にはさみこんだ新刊案内[土星紀]の連載をまとめました。表題は多田智満子のエッセイより。工作舎50周年記念出版

詳細 目次 土星紀セレクション 関連情報 書評

工作舎50周年記念出版|読者プレゼント企画 >>>
週刊読書人2021年7月16日号 鶴岡真弓さん×米澤敬 対談 >>>
ジュンク堂書店池袋本店3F文芸 『最後に残るのは本』刊行記念フェア >>>
写真 >>>
内容 >>>
note連載[土星紀セレクション] >>>

工作舎へ直接注文/お問い合わせ

[下記のネット書店でも購入できます]
Amazonで購入7netで購入 hontoで購入楽天ブックスで購入HMV&BOOKS onlineで購入
紀伊國屋書店BOOK WEBで購入丸善Knowledge Workerで購入Honya Clubで購入e-honで購入
ALL RIGHTS RESERVED. © 工作舎 kousakusha