工作舎ロゴ [今週の1枚]


四方田犬彦『女王の肖像』 NHK「ラジオ深夜便」&東京新聞短評


『女王の肖像』

四方田犬彦さん『女王の肖像——切手蒐集の秘かな愉しみ』が2019年12月15日放送のNHK「ラジオ深夜便」にて紹介されました。

午後11時台の書評家・永江朗さんによる「やっぱり本が好き。」の今月のおすすめ3冊のうち1冊として取り上げてくださったのです。造本の美しさや、好きなことを綴る四方田さんの筆致について褒めてくださった後、「ペニー・ブラックを買う」の一節を徳田章アナウンサーが朗読するなど、10分以上にわたり丁寧に紹介してくださいました。永江さんも徳田アナも小さい頃切手蒐集が趣味だったことも判明。 永江さんが紹介した本は、ラジオ深夜便 公式サイト|「ないとガイド・やっぱり本が好き。」書評家 永江朗さんが紹介した本 に掲載されています。

聴き逃した方には、番組公式サイトに「聴き逃し」サービスがあります。「聴き逃し」マークをクリックすると音声を聴くことができます。このマークは1週間表示されます。https://www.nhk.or.jp/shinyabin/program/2a7.html


東京新聞/中日新聞短評

同じ12月15日の東京新聞/中日新聞書評欄に『女王の肖像』の短評が掲載されました。
「切手を集める情熱がどこから生まれるのか。9歳から蒐集を始め、12冊で日本郵趣協会員になった著者が、満を持して刊行したエッセー集。…」





ALL RIGHTS RESERVED. © 工作舎 kousakusha