工作舎ロゴ [注目の1枚]


5月の新刊 『ヴァンパイアと屍体 新装版』見本できました


『ヴァンパイアと屍体 新装版』写真

5月の新刊、 『ヴァンパイアと屍体 新装版——死と埋葬のフォークロア』 の見本がつい先ほど届きました。写真でご紹介します。 タイトルの『ヴァンパイアと屍体』の文字が金箔で煌めきます。カバーはテクスチャーのある紙で、この手触りは現物を手にとって確認していただきたいもの。

『ヴァンパイアと屍体 新装版』写真2

『ヴァンパイアと屍体 新装版』写真3

『ヴァンパイアと屍体 新装版』写真4

映画・小説でおなじみの吸血鬼。東欧のスラヴ地方を中心に、ギリシア、北ドイツ、ロシアなどに広く伝わるに広く伝わる《吸血鬼(ヴァンピール)伝説》を現代法医学の観点から詳細に分析し、吸血鬼の実像に迫る吊著の、待望の復刊です。

中身は旧版と同じですが、新装版には訳者の野村美紀子さんが「新装版への訳者あとがき《を書き下ろしてくださいました。今日の東欧情勢をふまえ、「…生き返った戦争はふたたび殺して完全な死体にして埋葬しなくてはならない《と。短いながらも含蓄のある文章です。
発売は5月20日。お楽しみに。






ALL RIGHTS RESERVED. © 工作舎 kousakusha