工作舎ロゴ [注目の1枚]


5月の新刊、桃山鈴子作品集
『わたしはイモムシ』


『わたしはイモムシ』

5月の新刊は、桃山鈴子『わたしはイモムシ』

体長わずか数センチのイモムシを飼育観察しながら描く、虫愛づる画家、桃山鈴子さん。美しき細密点描作品68点を収録した初の作品集です。

ヒメノコメエダシャク|『わたしはイモムシ』より
ヒメノコメエダシャク

クロアゲハの終齢幼虫|『わたしはイモムシ』より
クロアゲハの終齢幼虫

イモムシと食草|『わたしはイモムシ』より
イモムシと食草

一覧|『わたしはイモムシ』より


■ヤマザキマリさんに帯文をお寄せいただきました。

斬新な色彩。神秘的な形状に、驚くべき生態。
なによりも、その小さな体に込められた
大きな生命力と、悠々自適なおおらかさ。
イモムシは生きることを複雑にしている人間に
様々なことを教えてくれる大切な存在だ。
そんな彼らへの最高の愛情と最高のリスペクトに
満ちたこの本を手にとった時、思わず
我が家に暮らすイモムシたちにも見せてあげたくなった。




■本書に登場するイモムシたち

クロアゲハ/オビカレハ/キアゲハ/ジャコウアゲハ/ヒメノコメエダシャク/トビモンアツバ/ナシケンモン/ウラギンシジミ/セスジスズメ/スギドクガ/オオスカシバ/オオムラサキ/ツマグロヒョウモン/クロモンドクガ/クロメンガタスズメ/アカタテハ/ナミアゲハ/フクラスズメ/キバラモクメキリガ/カイコ/ウスチャヤガ/クロシタアオイラガ/アサギマダラ/ウスタビガ/クワコ/カラスアゲハ/イブキスズメ/イボタガ/バイバラシャチホコ/ハグロハバチ/トビモンオオエダシャク/スジグロシロチョウ/ヒメアカタテハ/アカスジシロコケガ/マイマイガほか




■著者紹介: 桃山鈴子 (ももやま・すずこ)

イモムシ画家。東京生まれ。幼少期をニューヨーク郊外で送る。虫の飼育は小学生時代から。生物学の授業で顕微鏡を使った観察スケッチを学んだことが絵の原点に。自然科学とアートの境界を自由に飛び回る表現を志している。個人制作した作品集『Insects』(2018)『Insects 2』(2020)が好評を得る。
玉川大学農学部卒業。イラストレーション青山塾ベーシック科21期。NPO法人日本アンリ・ファーブル会会員。ペンスチ所属。
HBギャラリーファイルコンペvol.29藤枝リュウジ賞
ギャラリーハウスMAYA装画コンペvol.19準グランプリ
Society of Illustrators-Illustrators 62入選




■5/15〜個展で先行販売!

2021年5月15日から、東京・根津のギャラリー・マルヒで桃山さんの個展が開催されます。作品集『わたしはイモムシ』の先行販売も行なわれます。会期中にギャラリー・マルヒで作品集をご購入された方にはもれなく特典(12頁のミニ冊子)がつきます。

桃山鈴子個展「わたしはイモムシ」
2021年5月15日(土)〜5月23日(日) ※17日(月)休み
12:00〜19:00 最終日18:00まで
ギャラリー・マルヒ
東京都文京区根津2-33-1 Tel. 03-5832-9911
*密を避けるため、入場制限する場合がございます。マスクの着用、手指の消毒にご協力ください。



■紀伊國屋書店3店舗にてパネル展&先行発売

紀伊國屋書店梅田本店、芸術書売り場で『わたしはイモムシ』のパネル展を開催します。2021年5月12日から31日まで。作品集も5月15日から先行発売します。

*当初5月1日スタート予定でしたが、緊急事態宣言による大型施設休業のため、開催時期が変更になりました。

大阪では、紀伊國屋書店グランフロント大阪店でも5月15日からパネル展と先行発売
関東では、二子玉川の紀伊國屋書店玉川高島屋店で5月15日からパネル展と先行発売がはじまります。
近くなりましたら改めて詳細をお知らせします。






ALL RIGHTS RESERVED. © 工作舎 kousakusha