工作舎ロゴ [注目の1枚]


6月の新刊2
『最後に残るのは本』


『最後に残るのは本』

6月の新刊第2弾は、『最後に残るのは本』です。

工作舎の本にはさみこんだ新刊案内「土星紀」に連載したエッセイ「標本箱」を1冊の書籍にまとめました。小松和彦、高山宏、池澤夏樹、鶴岡真弓、松浦寿輝など総勢67名の書物をめぐるエッセイ集。表題は多田智満子のエッセイより。かつて「土星紀」デザインを担当した祖父江慎と米澤敬編集長の対談収録。

四六判変型/上製、248頁(カラー8頁含む)、本体2500円。造本は祖父江慎さん流「なんちゃって背継ぎ表紙」。本好きの憧れ、「背継ぎ表紙」を模した造本です。6月下旬刊行予定。どうぞお楽しみに。

*本書は工作舎50周年記念出版(記念プレゼントはこちらをご覧ください)。
*元の「土星紀」についてはnoteで「土星紀セレクション」を連載中。拡大して書体まで判読できます。


■目次より


はじめに─土星と標本

ないたあかおに  小松和彦
匂いのない「電子の本」  坂村 健
宜しかったら豪華本に  小野健一
私と本  杉浦日向子
ワールブルク研究所のことフランセス・イエイツのこと  佐々木 力
「木」を削る者にとっての「本」  稲本 正
本になりすました標本箱  海野和男
闇に咲く本  田中優子
本の代謝  芹沢高志
本の風合い  奥村靫正
わかる本知る本好きな本  彌永信美
いっしょに暮らしたい本  コリーヌ・ブレ
子供が盗んだ「チャップ・ブック」  井村君江
本と検閲  野崎昭弘
わが部屋をめぐる旅  高山 宏
背伸びして読む本  奥井一満
マラルメの反=書物論  兼子正勝
ショーペンハウアーの読書論  田隅本生
本の利用法  松山 巖
一回の旅に一冊の本  管 洋志
一を識り十を「観る」  梶川泰司
読書日録  由良君美
最初の読者  長谷川憲一
知識の個体発生を追走する  渡辺政隆
梅園とブロンテ姉妹  木村龍治
本の軽重  山田脩二
「本」がとりもつ縁  池内 紀
本気の怖さ  鎌田東二
過剰な身体に読ませるもの  藤原惠洋
読者・評者・著者  森 毅
古典の条件  根本順吉
書物こそ吾がグル  松田隆智
本を盗んだ少年  加藤幸子
海外旅行には、いかような本がよいのか?  夢枕 獏
本のおかげ  養老孟司
書物と読者  八杉龍一
ほんのおはなし  矢川澄子
フランス人の進化論嫌い  富山太佳夫
超能力と書物  林 一
寄贈本のこと  三浦清宏
「謝辞」や「献辞」について  垂水雄二
パリの本屋歩き  宮下志朗
恐怖の光景  三宅理一
再読の欲望について  池澤夏樹
黙読の誕生  池上俊一
本の所番地  横山 正
本草書の入れ子様式  石田秀実
稀覯書も眠れる森の美女  高橋義人
コデックスのコード  鶴岡真弓
ある関数  澤井繁男
緩急自在に読む  藤幡正樹
コンピュータと古書  笠原敏雄
海、ヴェルヌ、そして少年期の夢  西村三郎
読み人知らず  佐倉 統
「リアル」を描くために  布施英利
本と鏡  谷川 渥
本の中の星  小林健二
漫画様、ありがとう  桐島ノエル
黄ばんだ片仮名  西垣 通
この話はほんとなのです  大鹿智子
本の霊  中村桂子
旅先で今日も古書探し  鹿島 茂
出会いと関係性の読書  風間賢二
ある夏の奇跡  巽 孝之
赤道書店への道  港 千尋
最後に残るのは本  多田智満子
この冬、この本  松浦寿輝

「土星」の歩き方─あとがきに代えて 祖父江 慎×米澤 敬





ALL RIGHTS RESERVED. © 工作舎 kousakusha