工作舎ロゴ 書籍解説

HOME > 書籍 > ジャンル一覧新刊一覧 > 進化理論の構造 I/基本データ




進化理論の構造 全2巻[詳細]

目次著者紹介訳者あとがき関連図書



進化思想の大河ドラマ

I巻は、ゲーテ、ラマルク、ダーウィンから現代総合説までの[歴史篇]。
II巻は、創造説との闘い、ドーキンスとの角逐、
自身の断続平衡説をめぐる論争などを収めた[現代篇]。
スティーヴン・ジェイ・グールド遺著にして集大成、全2巻。


『進化理論の構造』I・IIの写真



■目次

I——歴史篇

1章 進化理論の構造を定義し改訂する
【第1節】 科学理論は本質と歴史を必要とする
【第2節】 進化理論の構造
  ——ダーウィン理論のロジックの中心をなす三つの特徴を改訂する
【第3節】 弁明——アポロギア・プロ・ヴィタ・スア
【第4節】 長い発展のための要約

第一部 ダーウィン流ロジックと論争の歴史

2章 ダーウィニズムの本質と現代正統派理論の基盤——『種の起源』の解釈
【第1節】 小規模な革命
【第2節】 歴史方法論者としてのダーウィン
【第3節】 哲学の革命家としてのダーウィン
【第4節】 重要さの判断

3章 階層理論の種子
【第1節】 二要因説における現代進化理論の誕生とラマルク
【第2節】 ダーウィンの反応に関する間奏曲
【第3節】 階層なきアルマハトはない——生殖質淘汰に関するヴァイスマン
【第4節】 個体内淘汰における階層論のヒント——分岐の原理に関するダーウィン

4章 内的要因論と形態の法則——機能論に替わるダーウィン以前の考え方
【第1節】 プロローグ——ダーウィンの運命の決断
【第2節】 自然界における神の栄光を称える二つのやり方
【第3節】 最強のフォルマリズムとしてのプランの一致——ダーウィン以前の論争
【第4節】 ダーウィンが構造的拘束に寄せた限定的ではあるが強い関心

5章 ゴールトンの多面体の実り多き切子面
 ——ダーウィン以後のフォルマリズムにおける経路と跳躍進化

【第1節】 ゴールトンの多面体
【第2節】 経路と一方通行としての定向進化説——ダーウィニズムの過小評価
【第3節】 内的推進力説としての跳躍説
  ——ダーウィニズムを周辺的原因へと追いやるためのフォルマリズム第二の戦略

6章 地質学の舞台におけるパターンと前進
【第1節】 ダーウィンと生物的競争の果実
【第2節】 地質学の舞台上の斉一性

7章 限定的な総意としての現代総合説
【第1節】 なぜ総合説なのか?
【第2節】 限定としての総合説
【第3節】 総合説の硬直化
【第4節】 ダーウィンの三本の太枝のうちの残る二つの硬直化
【第5節】 誇張されすぎた疑念から限度を超えた確信へ

II——現代篇

第二部 進化理論の修正と拡張に向けて

8章 淘汰の階層理論における個体としての種
【第1節】 個体の進化論的定義
【第2節】 淘汰の因力の進化的定義と利己的遺伝子の欺瞞
【第3節】 階層論的淘汰説の論理的、経験的な基盤
【第4節】 壮大なアナロジー——進化に関する種分化の基盤

9章 断続平衡説および大進化理論の正当性
【第1節】 古生物学者の常識
【第2節】 断続平衡説の要点
【第3節】 断続平衡説をめぐる論争——批判と反論
【第4節】 断続平衡説を検証するためのデータ源
【第5節】 進化理論と変化に関する一般的な考え方に関して断続平衡説がもたらす広い意味
【補遺】 断続平衡説の衝撃と批判に関する概ね社会学的な[ただし完全に偏った]歴史

10章 個体発生と系統発生における統合と適応[構造と機能]——歴史的な拘束と発生の進化
【第1節】 プラスの概念としての拘束
【第2節】 深い相同性と浸透した平行現象
  ——形態空間の主要な守衛にして守護者としての歴史的拘束

11章 個体発生と系統発生における拘束と適応[構造と機能]の統合
 ——構造的な拘束、スパンドレル、大進化における外適応の重要性

【第1節】 進化した機能の恒久的な物理学
【第2節】 歴史の避けられない豊かなスパンドレルを外適応する
【第3節】 外適応プール——概念の適切な定式と進化力の基盤

12章 時間の塁層と外挿論の審理に一般理論と偶発的な歴史の相互作用に関するエピローグを添えて
【第1節】 時間と地質学の非等方向性における外挿論の失敗
【第2節】 かくのごとき生命観の荘厳さを生む歴史と理論についてのエピローグ

索引/参考文献/訳者あとがき

「訳者あとがき:流れのほとりに植えられた木」を全文公開します。



■著者紹介

スティーヴン・ジェイ・グールド Stephen Jay Gould
1942年ニューヨーク市生まれ、2002年没。アンティオック・カレッジ卒業。コロンビア大学大学院修了。ハーヴァード大学教授。専攻は古生物学、進化生物学、科学史。著書は、ニューヨーク自然史博物館発行の『ナチュラル・ヒストリー』誌に1974年から20年間、300回にわたって連載したエッセイを中心にまとめた『ダーウィン以来』から『ぼくは上陸している』までの10冊の科学エッセイ集、世界的なベストセラーとなったカンブリア紀の奇妙な化石動物をめぐる『ワンダフル・ライフ』(以上早川書房)、進化発生学という新領域を準備した『個体発生と系統発生』、地質学的時間をテーマにした『時間の矢・時間の環』(以上工作舎)、科学の名のもとに行われてきた知能測定や優生主義を徹底的に批判した『人間の測りまちがい』(河出書房新社)など多岐にわたる。2002年、20年をかけて執筆した『進化理論の構造』(本書)刊行直後に逝去。

渡辺政隆(わたなべ・まさたか)
サイエンスライター、同志社大学特別客員教授、東北大学特任教授。1955年生まれ、東京大学農学系大学院修了。専門は進化生物学、科学史、サイエンスコミュニケーション。著書、『ガラガラヘビの体温計』(河出書房新社)、『DNAの謎に挑む』(朝日選書)、『シーラカンスの打ちあけ話』(廣済堂出版)、『一粒の柿の種』(岩波現代文庫)、『ダーウィンの遺産』(岩波現代全書)、『ダーウィンの夢』(光文社新書)、『科学で大切なことは本と映画で学んだ』(みすず書房)、『科学の歳事記』(教育評論社)、『最後に残るのは本』(共著、工作舎)ほか、訳書、S・J・グールド『個体発生と系統発生』(共訳)、『時間の矢・時間の環』、A・デズモンド+J・ムーア『ダーウィン』(以上工作舎)、S・J・グールド『ワンダフル・ライフ』、『ぼくは上陸している』(早川書房)、C・ダーウィン『種の起源』、『ミミズによる腐植土の形成』(光文社古典新訳文庫)、E・タウンゼンド『ダーウィンが愛した犬たち』(勁草書房)、R・フォーティ『生命40億年全史』(草思社文庫)ほか。




■関連図書(表示価格は税別)

  • 個体発生と系統発生  スティーヴン・ジェイ・グールド/仁木帝都+渡辺政隆=訳  5500円
  • ダーウィン  A・デズモンド+J・ムーア/渡辺政隆=訳 18000円
  • ダーウィンと謎のX氏  ローレン・アイズリー 2816円
  • ダーウィンの花園  ミア・アレン 4500円
  • 動物の発育と進化  ケネス・J・マクナマラ 4800円
  • 分節幻想  倉谷 滋 9000円



  • ■書評

    2021.12.17 週刊読書人「年末回顧総特集」
    科学技術部門にて横山輝雄先生がとり上げてくださいました。
    「…進化論について多くの書物を刊行してきたグールドの遺作であり、20年をかけて執筆された。2冊で1800頁におよぶ大著であり、第1巻「歴史編」と第2巻「現在編」で進化理論を詳細に分析し、グールド進化理論の総括となっている。翻訳にも20年近くがかかっており、本年の成果である。」






    ALL RIGHTS RESERVED. © 工作舎 kousakusha