工作舎ロゴ 書籍解説

HOME > 書籍 > ジャンル一覧新刊一覧 > 女王の肖像/基本データ




女王の肖像[詳細]

目次著者紹介関連図書関連情報書評



さらば帝国、植民地 されど切手は後まで残る。

英国ヴィクトリア女王の肖像から始まった郵便切手は、
国家の名刺であるとともに、人を堕落させ、
広大な幻をも現出させる蠱惑的な紙片だった。
9歳から切手蒐集を続けてきた著者が、
かつての切手少年少女たちに向けて、満を持して世に送り出す
「ノスタルジアと蒐集の情熱」をめぐるエッセイ集。




■目次

◎「ペニー・ブラック」を買う
◎巨大な巻紙
◎外国切手との出会い
◎発行日に駆け付ける
◎文革切手は赤一色
◎なぜソ連がなつかしいのか
◎凹版はどこへ行く
◎目打と無目打
◎エラー切手の愚かしさ
◎加刷の政治学
◎女王の肖像
◎国家の名刺
◎植民地の風景
◎自分で切手を造る
◎切手商とのつきあい方
◎人を堕落させる小さな紙片
◎切手蒐集の終焉



■著者紹介:四方田犬彦(よもたいぬひこ)

大阪生まれ。映画史・比較文学研究者、詩人、批評家、エッセイスト。『月島物語』(集英社、1992)で斎藤緑雨賞、『映画史への招待』(岩波書店、1998)でサントリー学芸賞、『モロッコ流謫』(新潮社、2000)で伊藤整文学賞、『日本のマラーノ文学』『翻訳と雑神』(人文書院、2007)で桑原武夫学芸賞、『ルイス・ブニュエル』(作品社、2013)で芸術選奨文部科学大臣賞受賞。




■関連図書(表示価格は税別)

  • 『親鸞への接近』 定価 本体3000円+税
  • 『書物の灰燼に抗して』 定価 本体2600円+税
  • 『歳月の鉛』 定価 本体2400円+税
  • 『月島物語ふたたび』 定価 本体2500円+税



  • ■関連情報

    2019.12.15 NHK「ラジオ深夜便」永江朗さん紹介
    午後11時台の永江朗さんによる新刊紹介コーナー「やっぱり本が好き。」にて紹介予定。
    聞き逃した方は、下記番組公式サイトに翌12月16日(月)午後6時ごろから1週間、「聞き逃しのマーク」がでてきますので、マークをクリックすると音声を聞くことができます。 https://www.nhk.or.jp/shinyabin/program/2a7.html

    2019.10.28 四方田犬彦×木村紅美トークイベント(下北沢・本屋B&B)




    参加特典のゴーキ・アイランド建国66周年記念切手セット:豊穣の女神アルテミス版


    特典切手シート(アルテミス版)を貼った『女王の肖像』見返し


    特典切手シート(リヨンのケーキ版)を貼った『女王の肖像』見返し

    *工作舎HPから直接注文の方には上の「架空切手版」を手配いたします。 オーダーフォームの通信欄に、「アルテミス版」か「ケーキ版」のどちらかを入力ください。
    *さらに、すでに『女王の肖像』を購入された方で「架空切手版」仕様をご希望の方は、お手元のご本をお送りいただければ、仕立てた上、ご返送いたします。その場合、まことに恐縮ですが、往復送料をご負担ください。詳しくはメールでinfo@kousakusha.co.jpあてにお問い合わせください。



    ■書評

    山本善行さん 日本の古本屋メールマガジン記事「古本屋稼業十年目の呟き」
    「四方田犬彦さんの『女王の肖像』という本が出たが、副題が「切手蒐集の秘かな愉しみ」、帯には「実はまだ切手を集めているのです。」とある。私は、すぐに注文して店に並べた。人が集め続けるという心理に興味があるし、お客さんに読んでもらうことで何か感じてもらえると思ったのだ。古本屋にぴったりの本だと思った。」

    林哲夫さんブログ「daily-sumus2」
    「切手コレクションの世界も広く深い、実感させられる一冊。角背上製、濃い赤の表紙に貼り題簽という造本が「女王の肖像」と呼応しているように思える。」




    ALL RIGHTS RESERVED. © 工作舎 kousakusha