工作舎ロゴ 書籍解説

HOME > 書籍 > ジャンル一覧新刊一覧

『ライプニッツ著作集』第I期新装版[6] width=
ISBN978-4-87502-505-4

ライプニッツ著作集 第I期 新装版
[6] 宗教哲学

[弁神論] 上


G・W・ライプニッツ
下村寅太郎+山本 信+中村幸四郎+原 亨吉=監修

佐々木能章=訳

定価 本体8200円+税
A5判/上製 352頁+手稿8頁 1990.1 /新装版2019.3 [2019.3.25刊行]

政治的にも宗教的にも混迷をきわめた17・18世紀のヨーロッパにあって、「この世になぜ悪は存在するのか」を問い続けたライプニッツ。ライプニッツの聡明な弟子にして庇護者でもあったプロイセン王妃ゾフィー・シャルロッテと交わした議論をまとめた王妃追想の書。[7]弁神論 下

ライプニッツ著作集第I期概要 第I期新装版概要 ライプニッツ著作集第II期概要

●写真>>>
●内容>>>
●第1回配本[8]前期哲学
●第2回配本[4] 認識論「人間知性新論」上 [5] 認識論「人間知性新論」下
●第3回配本[10]中国学・地質学・普遍学

■目次

序文
緒論 信仰と理性の一致について
本論 神の正義、人間の自由、悪の起源について
   第1部
   第2部

工作舎へ直接注文

[下記のネット書店でも購入できます]
Amazonで購入| 7netで購入| hontoで購入楽天ブックスで購入
紀伊國屋書店BOOK WEBで購入| 丸善Knowledge Workerで購入| e-honで購入

ALL RIGHTS RESERVED. © 工作舎 kousakusha